住まいの将来設計

長い人生でどういう住まいに住んでいくかというのはどんな人でも考えていると思います。若い頃に実家から出て一人暮らしを始め、結婚して二人で住むことになり、いずれ子供が増えて家族で暮らす、そしてその子供が独立していくといった典型的なパターンで従来の住宅は考えられていたと思います。しかし現在では家族のあり方、同居人のあり方、住まいのあり方が千差万別で多様な住まい方が認められてきたので住まいの将来設計というのも典型的なパターンではすまなくなっています。以前は一戸建てが夢である人も多かったですが、最近では一戸建て住宅にこだわる人も以前ほどではなくなっています。最近ではライフステージにあわせていかにその時々に快適に暮らせるかという観点で住まいを考えている人が多くなりました。老後はどのようなところに住むのが理想的かを考えて住まいの将来設計をしていくと購入した一戸建てでは大きすぎるといったことも一戸建てにこだわる人が少なくなってきた理由の一つかもしれません。それでも人は住み慣れた住まいというものにも愛着があり、いつまでもそこに住みたいと思うのも自然な感情であるともいえます。これからの住まいの将来設計というのもそれぞれの価値観にあわせたものになっていくのだと思います。

住まいの間取りを選ぶ際に、さまざまな事を考える必要があります。
家族ひとりひとりの使い勝手や、持っている物の収納、風通しや採光、日常の動線など数えたらキリがないほどです。
実際に入居して暮らしていく上で、広い開放的なリビングは魅力的でいろんな使い方が可能になります。
一方で、広い空間や天井までの高さがある場合、それに見合った冷暖房が季節によって必要になってきます。
たとえば家電量販店では、エアコンの売れ筋は6畳用の機種が種類も多く、
セールにもなりやすいので、購入や買い替えは比較的簡単です。
大きな空間用のエアコンは、種類も少なく、価格も高めでセールにもなり難いのが現状ですので、いちおう頭に入れておくと良いでしょう。
また、最近の集合集宅では、浴室に窓のない場合があります。
居室に窓をつけることを優先している場合もあり、それはそれで大事な事です。
ただ、昨今は有害物質などを警戒して洗濯物を部屋干しする家庭が増えました。
浴室に干した場合、窓のある浴室だと、換気扇を回さなくても自然に乾く日も多いです。
窓がない浴室に洗濯物を干した場合は、湿気防止のためにも換気扇を使用することが必要
です。浴室乾燥機能がついた物件も多くなってきました。

関連サイト

けん引のことは:免許Z
不動産の担保を融資するなら:リュウプランニング
おすすめは貸事務所の大阪です:ビルナビ
工場の求人で仕事探しなら:グッジョブナビ
日本ソフトウェアデザイン株式会社

サブコンテンツ

このページの先頭へ